内視鏡検査│姫路市 南今宿で内科・消化器内科をお探しなら なかむら内科クリニック│食道がん 胃がん 大腸がん など

診療時間表

内視鏡検査

内視鏡検査とは

食道や胃、十二指腸などを直接観察する上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)と、大腸の内側を直接観察する下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を行っています。なお、胃カメラと大腸カメラを同日に行うことも可能です。
内視鏡検査は、消化管内に炎症や潰瘍、ポリープ、がんなどの腫瘍性病変があるかを調べる事が検査の主な目的ですが、単に観察するだけでなく、組織を採取(生検:ごく小さい組織片を摘まみ出し、顕微鏡などで詳しく調べること)することも可能です。
胃や大腸をはじめとした消化管のがんは、早期の段階であれば内視鏡で治療する事が出来ます。ある程度の年齢(40歳代)から定期的な内視鏡検査を受けて頂く事は、がんの早期発見、治療に大変有用です。当院では麻酔薬を用いて、苦痛なく何度でも内視鏡検査を受けて頂く様に努めております。このほか、内視鏡検査について不安があるという方もお気軽にご相談ください。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

胃カメラを口から挿入する経口内視鏡検査、鼻から挿入する経鼻内視鏡検査ともに対応しておりますので、お好みでお選びいただけます。経鼻内視鏡は太さ5.4mmの細いスコープを鼻から挿入します。舌の付け根にスコープが触れることが無いため、「オエッ」となる反射が少なく済みます。デメリットとして鼻血や、検査の後しばらく鼻水が出る事があります。また鼻中隔湾曲症などスコープの通り道が狭い方は経口内視鏡をお勧めします。当院では経口内視鏡に関して意識下鎮静法(検査直前に鎮痛・鎮静剤を少量注射します)を用いて苦痛なく検査を受けて頂けます。

このような方は胃カメラをおすすめします

  • 胸やけがする
  • 水や食べ物が胸につかえる
  • 胃が痛い
  • 便が黒い
  • ピロリ菌の指摘を受けた事がある
  • 以前に胃カメラで異常を指摘された
  • 血縁者に食道がんや胃がんの方がいる
  • 飲酒・喫煙習慣がある
  • 食欲が無い
  • 体重が減った
胃カメラを受ける際の注意点

胃カメラを受けられる場合、まず外来を受診して頂き、医師による診察の後、検査予約をいたします。検査当日に控えた方が良い常用薬がありますので、診察の際に服用中の薬についての確認をします。お薬手帳をお持ちの方は持参してください。
検査前日以降の注意点は以下の通りとなります。

検査前日
  • 前日の夕食は、なるべく早めに済ませるようにしてください。
  • 遅くとも午後9時を過ぎたら食事やアルコールは控えてください。お茶やジュースなど水分は摂取可能です。
  • 常用薬は服用してください。
検査当日
  • 食事は摂らずに来院してください。水、お茶などの飲水は検査の1時間前まで摂取可能です。
  • 口紅は落としてください。また鎮静剤を使用される場合は、指先にモニターをつけますので、マニキュアは落としてください。
  • 鎮静剤を使用される場合は、車やバイク、自転車を運転しての来院はお控えください。
  • リラックスして検査が受けられるよう、ゆったりとした服装でご来院ください。
  • 検査予定時間の15分前にお越しください。
胃カメラ検査の流れ

経鼻内視鏡および経口内視鏡の大まかな流れは次の通りです。

1. 問診後、消泡剤を飲む

消泡剤などで胃の中の泡を除去してきれいにして、観察しやすくします。

2.麻酔を行う

経鼻の場合は、挿入する方の鼻を選択した後、鼻腔(両側の鼻の奥)に麻酔薬を注入します。経口の場合は、咽頭麻酔を行います。

3.検査開始(内視鏡挿入)

鎮静剤をご希望の方は、鎮静剤を注射(意識下鎮静法)してから検査開始となります。検査時は左側を下にしてベッドで横になります。経鼻の場合は、鼻から挿入するので医師との会話が可能です。経口では、マウスピースを介して口から挿入します。

4. 食道、胃、十二指腸を観察

必要があれば組織を採取(生検)します。検査中に口の中で溜まった唾液は、飲み込まずに口の横から流し出してください。検査時間は10分程度です。

5. 休憩

鎮静剤を使用された方は、検査終了後に1時間ほどリカバリールームで休んで頂きます。

6. 結果説明

ほとんどの方は当日に結果を説明しますが、組織を採取した場合は、後日結果をお伝えします。

検査後の注意点について
  • 経鼻内視鏡検査を受けた後は、鼻を強くかまないでください。
  • 経口内視鏡検査を受けた方は、咽頭麻酔が切れるまで、検査終了後1時間は飲食やタバコを控えてください。
  • 組織検査を行った方は、検査当日のみアルコールや香辛料などの刺激物を避けてください。
  • 鎮静剤を使用された方は、眠気・ふらつきが残ることがあります。検査当日の自動車、バイク、自転車の運転は控えてください。
  • 観察のため胃の中に空気を入れています。検査後はお腹が張る事がありますが、次第に改善しますのでご安心ください。

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

肛門から内視鏡を挿入して、小腸の一部と直腸から盲腸までの消化管を観察します。胃がんの原因であるピロリ菌の除菌治療が普及し、胃がん患者の減少が期待される一方、大腸がんは増加傾向にあります。前処置として下剤を飲んで便を全て出し、お尻からカメラを挿入するなど、検査に抵抗のある方も少なくありません。しかし大腸がんの早期発見のためには欠かせない検査ですので、健康診断で便の異常を指摘された方や、血縁者の中で大腸がんにかかった方は特に、大腸カメラを受けて頂く事をおすすめします。

この様な方は大腸カメラをおすすめします

  • 血便(真っ赤な便)が出た
  • 便通異常(便秘・下痢・便が細い)が気になる
  • 貧血を指摘された 
  • 健康診断で便潜血反応が「陽性」だった
  • 血縁者に大腸ポリープや大腸がんの方がいる
  • 大腸ポリープや大腸がんを治療した経験がある
当院の大腸カメラの特徴
1.苦痛軽減のため麻酔薬を使用します

曲がりくねった大腸を内視鏡が通過する時に痛みを伴う事があります。胃カメラと同様ご希望の方には、少量の麻酔薬(鎮静剤)を投与して苦痛を和らげるようにいたします。

2.二酸化炭素送気システムでお腹の張りを和らげます

検査中は観察のため腸の中に空気を入れ、お腹を膨らませた状態となります。そのため検査終盤や検査後にお腹が張る事があります。当院では空気よりも早く体内に吸収される二酸化炭素を腸に送る事により、検査後の不快感を軽減しています。

3.検査前後は個室でお過ごしください

検査前後の不安や緊張が少しでも和らぐよう、専用の個室を用意しました。決して広くはありませんがプライベートに配慮しておりますのでご利用ください。

大腸カメラを受ける際の注意点

まず外来を受診して頂き、医師による診察の後、検査予約と、検査に必要な心電図、血液検査をいたします。検査当日に控えた方が良い常用薬がありますので、診察の際に服用中の薬についての確認をします。お薬手帳をお持ちの方は持参してください。 検査前日以降の注意点は以下の通りとなります。

検査前日
  • ひじき、わかめ、こんにゃく、きのこ類など繊維質の多い食品、またイチゴやキウイなど種子の多い食品は、検査2日前から控えるようにしてください。
  • 夕食は午後9時頃までに、消化の良いものを摂ってください。検査食の購入も可能です。
  • 水分はこまめに摂取してください。
  • 就寝前に下剤を内服して頂きます。
検査当日
  • 検査が終わるまで、食事はしないでください。(水・お茶・スポーツ飲料は飲んでもかまいません)
  • 糖尿病の薬を常用されている方は、当日の内服を控えてください。
  • 下剤は検査予定時間の4時間前に飲み始めます。約2Lの下剤を1時間から1時間30分くらいかけて飲んでください。便が無色か薄い黄色になれば検査ができる状態です。
  • 下剤を飲み始めて腹痛、吐き気、嘔吐、気分不良などあれば、中止して当院までご連絡ください。
  • 検査予定時間の30分前にお越しください。来院時に排便の回数や状態をお聞きします。
  • 鎮静剤を使用される場合は、車やバイク、自転車を運転しての来院はお控えください。
下部消化管内視鏡検査の流れ

来院後の大腸カメラの大まかな流れは以下の通りです。

1. 着替え

検査着に着替え、検査用パンツをはいて頂きます。

2. 検査開始(内視鏡挿入)

ストレッチャーに横になり、ご希望の方には鎮静剤を注射(意識下鎮静法)してから検査を開始します。

3. 回腸末端、盲腸から直腸まで観察

モニターに映る大腸の内部を隅々まで観察(生検のための採取や腫瘍切除などの治療を行うこともあります)します。検査時間は30分程度です。

4. 休憩

鎮静剤を使用された方は、目が覚めるまで検査後1時間から2時間程度休んでいただきます。

5. 結果説明

着替え終えてから結果を説明します。組織を採取した場合は、後日結果をお伝えします。

検査後の注意点について
  • 組織検査を行った方は、検査当日のみアルコールや香辛料などの刺激物を避けてください。
  • 鎮静剤を使用された方は、眠気・ふらつきが残ることがあります。検査当日の車、バイク、自転車の運転は控えてください。
  • 検査当日の過度な運動は避けてください。
  • 検査終了後、気になる症状がある場合は、医師にご相談ください。

中村耳鼻咽喉科医院

079-298-1700
© なかむら内科クリニック

ページ
TOPへ