h1h1h1h1

診療時間表

一般内科

一般内科とは

一般内科では、風邪や胃腸炎など感染症の治療をはじめ、"頭が痛い"、"体がだるい"、など比較的よく見られる症状の中に、重大な病気が隠れていないかを調べます。また、健康診断で血圧や血糖値、コレステロールの異常を指摘された方は、生活習慣を見つめ直す事で心筋梗塞や脳卒中といった合併症を予防する事に繋がります。"予防は治療に勝る"という格言がある様に、症状のない時期から皆様の健康を陰ながら支える事も、内科の役割の一つです。

近年医療の専門性・細分化に伴い、臓器別に高度な専門医療を受ける事が可能となりました。一方で受診する科目や、薬の種類が増える傾向にあり、かかりつけ医の役割が注目されるようになっております。かかりつけ医とは、健康に関する相談を気軽にして頂き、必要な時は専門の医療機関を紹介して、いざという時に困らないための身近な存在であります。
臓器単位で診るのではなく、様々な持病や体調を総合的に判断しながら診察します。

「最近調子が悪いけど何科を受診したら良いか分からない」場合や、「何となく元気が出ないけど、病院に行く程ではない」と自己判断されず、かかりつけ医として遠慮なくご相談ください。

この様な症状でお困りの方はご相談ください

  • 発熱
  • 咳、鼻水、喉の痛み
  • お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など)
  • 吐き気、嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 胸痛、圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 喉の渇き
  • 疲労感
  • 急な体重の増減 など

内科の主な対象疾患

急性症状

風邪症候群、インフルエンザ、咽頭炎、肺炎、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気、嘔吐)、膀胱炎など

慢性症状

生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症(痛風))、貧血、頭痛など

中村耳鼻咽喉科医院

079-298-1700
© なかむら内科クリニック

ページ
TOPへ